タグ別アーカイブ: 自己啓発

超短編小説 アリよりキリギリス

灼熱の太陽が照りつける真夏の草原には、さまざまな虫たちが生活している。

真っ黒なアリにとって、太陽の熱はさぞかし暑いことだろう。

そんな暑さの中でも、一生懸命に食べ物を探し出して、巣まで運んでいる。

1匹が食べ物を見つけると、仲間に連絡して全員で巣まで列を作り運び込んでいる。

全員が協力して列を乱すことなく食べ物を運び込む。

しかし、今時の若いアリにとっては、この作業は厳しく楽しくないことのようだ。

「父ちゃん、僕もう歩けないよ。少しでいいから休もうよ」

「何、弱音を吐いてるんだ。今、頑張らないと冬に食べ物が無くなり飢え死にしてしまうぞ。それに女王様に見つかったら大目玉だ」

「だって、朝から晩まで、こんな事ばっかりやってて楽しくないよ。キリギリスみたいに楽しく遊びたいよ」

そう言って、草の上に目を向けた。

キリギリスが草の上に長い足で立ち、バイオリンから心地よい音色を響かせている。

キリギリスの鮮やかな緑色の体が所々、太陽の光に反射して輝いている。

「かっこいいなぁ、羨ましいなぁ。父ちゃん、僕もあんな生活を送ってみたいよ」

「バカ野郎、お前に『アリとキリギリス』の童話を聞かせただろう。あんな風に遊び回ってると、冬に食べ物が無くなって、飢え死にするんだぞ。それでも良いのか」

「でも、すごく綺麗な音色だよ。これを聴いていると癒されて、疲れが吹き飛ぶよ。だから少しだけ、少しでいいから、ここで聴かせてよ」

「ダメだよ、さぼってたら女王様に怒られるぞ。働きながらでも聴こえるだろ」

父親はそう言って息子の手を引っ張り、仕事に戻した。

 

それからも毎日、アリは食べ物を探しては運び、キリギリスは草の上でバイオリンを弾き続けていた。

 

 

キリギリスのバイオリンの音色の素晴らしさに感動したのは、今時の若いアリだけではなかった。

草むらに住む虫達の間でも、キリギリスのバイオリンが素晴らしいと口コミで広がり、キリギリスの立つ草の前には、他の虫たちでいっぱいになっていた。

蝶々やバッタ、カマキリ、こがね虫、そしてかぶと虫までもが集まってきた。

たくさんの虫達は、心が癒され、活力をもらっていた。

その数は、日を追う毎に増えていく。

キリギリスは、たくさんの虫達が集まっていることに気付き、これまで以上にバイオリンを弾くことに気持ちを込めた。

キリギリスは、皆が喜んで聴いてる姿を見て興奮した。そして、もっと喜ばせようと思った。

キリギリスは、毎日同じ曲だと皆が飽きるだろうと思い、夜、帰ってから新しい曲を覚えて練習した。曲の順番も工夫してみようと変えてみた。バイオリンだけでなく歌の練習も始めた。

 

アリ達はキリギリスのバイオリンを聴く暇はなかった。食べ物を探し出し巣へ運ぶのに忙しかった。

そのおかげで、冬を越すための食べ物を集めることが出来た。

「よし、充分な食べ物を集めることが出来た。これで冬を越せるぞ。キリギリスの野郎、冬になって食べ物を乞うても分けてやらないからな」

「父ちゃんはケチなこと言うね。食べ物集まったんだったら遊びに行ってもいい?」

「ダメだ、食べ物を巣の中で整理しないといけないだろ。これからは巣の中の作業だから暑くないし楽だぞ、よかったな」

「楽でも楽しくないんだよな……」

 

その後、キリギリスのバイオリンは、他の虫達に聴いてもらうことで一段と腕をあげていった。

歌も皆に披露出来るくらいのレベルまで上達した。

他の虫達は、キリギリスの歌声にも拍手を送った。

「バイオリンも良かったけど、歌も素晴らしい」

皆が口を揃えて言った。

感動した他の虫達は、バイオリンや歌を聴かせてもらったお礼に、キリギリスの為に食べ物を置いて帰るようになった。

キリギリスは、その食べ物のおかげで冬を越すことが出来た。

食べ物と一緒に手紙が添えられることもあった。

そこには

「来年の夏も絶対に聴かせて下さい。楽しみにしています」

そんな内容が書かれてあった。

キリギリスは冬の間もバイオリンを手入れし練習を重ねた。そしてピアノの練習も始めた。

「来年はもっとすごい演奏をするぞ。そして皆に喜んでもらうぞ」

キリギリスはそう言って、皆からもらった食べ物を感謝しながら食べて冬を越した。