青木宣親選手、日米通算2000本安打達成の偉業から学ぶ人生成功のポイント

青木宣親選手、日米通算2000本安打

青木宣親選手が日米通算で2000本安打を達成しました
青木宣親選手がヤクルトに入団当初は、失礼ながら、こんなすごい選手になるとは思っていませんでした
しかし、2年目くらいからでしょうか?
阪神ファンの私にとっては嫌な選手がヤクルトにいるな、と思うようになってました

何故、青木宣親選手がこんなにすごい選手になれたのか?
青木宣親選手から学ぶ成功するポイントを探ってみました
これを理解すれば私たちも人生が楽しくなるはずです

少し青木宣親選手について調べてみました
宮崎県日向市出身
日向高校時代は甲子園出場経験もない無名の選手
早稲田大学入学後も同期には現阪神の鳥谷敬選手らがいて、青木選手は目立った存在ではなかったようです
しかし、レギュラーの座を勝ち取り、早稲田大学野球部史上初の4連覇に鳥谷らと共に貢献
2003年ヤクルトスワローズからドラフト4位で指名を受け入団
プロ1年目は1軍出場は10試合のみ
2年目に開花し首位打者、新人王に選出される
その後も盗塁王、首位打者獲得など華々しい活躍をする
2011年シーズンオフにポスティングシステムによるメジャーリーグ挑戦
複数球団から多額のオファーがくると思われましたが独占交渉権は250万ドルで落札
独占交渉権を獲得したブルワーズからは、ポスティングシステムによる移籍でありながら入団テストのような扱いをされたようです
シーズンに入ってもレギュラーにはなれず、代打や守備固めでの起用でした
5月から先発で起用されるようになり、6月にはスタメン定着
2年目には1番ライトでスタメンの座をつかみ155試合に出場、打率2割8分6厘、本塁打8本、打点37
と好成績を残しました

青木宣親選手の野球人生はエリート街道というより、努力で勝ち取った野球人生といった感じです

大学入学時、日本プロ野球入団時、メジャーリーグブルワーズ入団時、どの時も大きな期待をされていなかった青木宣親選手が何故こんなに活躍出来たのか?

多分それは、青木宣親選手が自信を持っていたからです
実績のなかった青木宣親選手が、何故、自信を持っていたのか?
それは、
自信は過去の実績からなるものではないからです
そうではなく未来に向かって持つのが自信です
未来の自分に対して自信を持つのです
過去の実績は関係ありません
そして自信とは、自分を信じることです
青木宣親選手は未来の自分を信じることが出来たのです
何故、未来の自分を信じることが出来たのか?
それは、間違いなく努力しているからです
ランニングやキャッチボール、ウェイトトレーニング、素振りなど、私たちが想像出来ないような練習をしていたはずです
そして、未来の自分を信じることが出来たのです
早稲田大学でレギュラーになる自分
ヤクルトスワローズで活躍する自分
メジャーで活躍する自分
練習、努力することで自分を信じることが出来たのです

私たちも未来の自分を信じることが大事です
まず、将来なりたい自分を想像して下さい
そして、自分を信じることが出来るまで努力して下さい
なりたい自分になる為には、自分を信じることが大切です

広告
プロ野球、現役最年長投手から学ぶ自信の持ち方
「山本昌」というピッチャーを知っていますか?
2014年現在、49歳にして1軍で投げ続け、勝ち続けている偉大な投手です。
30年のキャリアを持つ山本昌さんから学ぶ、厳しいプロ野球の世界で、自信を持ち続け、活躍し続ける秘訣とは?

人生をよりプラスになる為に何が必要か?それは自分自信の中にあるかもしれません。それを探してみませんか?